クラウドの信頼性は増した?


785名の業界関係者・ユーザを対象に行われた調査によると、クラウドコンピューティングのセキュリティやコンプライアンスに対する信頼度は、一年前に比べると大幅に上昇している。クラウドコンピューティングに、そのような信頼を置くのを時期早尚とした回答が昨年は26%もいたのに、今回は12%に減っている。



しかし、このクラウドへの信頼性が、プライベートクラウドに対するものなのか、パブリッククラウドに対するものなのか、両者での違いはないのかなど、具体的な実態は調査結果からは見えてこない。

そのほか、特徴的な調査結果としては以下の点が挙げられる。

– SaaSの利用率が他の形式のソフトウェアと比較して6倍
– クラウドがすべての分野のソフトウェアの形態を変えていくと回答した人が50%以上
– 67%の回答者がすでにSaaSを利用。利用の計画はないとの回答は19%のみ、など
————————————————————————-
(CloudCommonsコラムSurvey Says – We’re More Comfortable with Cloud,Yet Same Worries Persistより)

関連する記事