クラウドが空を覆い尽くすには3年かかる


SACAの調査によれば、クラウド・コンピューティングはまだ開発初期段階にあり、成熟するまでにあと3年かかるだろうと予想されている。
クラウドの急速な発達がビジネスの形態を変えると言われて久しいが、それに反し、同調査によれば、特に企業レベルのサービスにおいては、ビジネス・ソリューションとしての確固たる地位を確立するためにはまだ時間がかかるだろうと見られている。



現段階において、クラウドは以下のように評価されている。

クラウドの利点 = コスト、機動性、効率、柔軟性など。
不安要素= セキュリティ、データの所有権、法的問題、パフォーマンス、災害復旧、サービス業者の永続性など。

クラウドが成熟するまでの予想期間

Saas – 2.73 年
IaaS – 3.02年
PaaS – 3.34年

————————————————————————-
(CloudTweaksコラムSurvey Says: 3 Years More For Cloud Before It Covers The Whole Skyより)

関連する記事