事業継続計画:クラウド危機に備えよう


クラウド・コンピューティングの提唱者は、クラウドこそがビジネスとITシステムのための唯一の安全な場所だと主張する。
一方、クラウドの安全性に対し、セキュリティやプライバシー、データ整合性の面から疑問を投げかける人も多い。
いずれにせよ、すべてのシステムがダウンしてしまえば、クラウドは安全ではない。



しかし、すべてのシステムがダウンするのは、地球規模の大災害のほかはあり得ない。通常の災害は地域的であり、それに対し、クラウドは世界各地に分散していることが多い。
つまり、クラウドは、その一部がダウンすることはあっても、すべてが同時にダウンする可能性は極めて低く、それこそがクラウドの優位性である。

つまり、利用者にとっての事業継続計画とは、クラウドをどのように有効利用するか、を検討することにある。
分散されたクラウド・プロバイダーを選択するか、あるいは複数プロバイダーを組み合わせるかなどして、個々のシステムを独立させ、それが互いにバックアップできる体制を築くことが重要である。

—————————————————————————-
(CloudTweaksコラムBusiness Continuity: Let Us Plan For A Cloud Failureより)

関連する記事