クラウドがもたらすソフトウェア・サポートの進化


今日、ありとあらゆるソフトウェアがクラウドを通じて利用可能になっている。
ほんの数年前と違い、ユーザーがもはやソフトウェアをインストールする必要
がない。その事実は、ソフトウェア・ビジネスに大きな変化をもたらしている。

最大の変化は、ソフトウェアが一度購入を決めたら代金を払って永久に所有し
続けるものではなく、常に使い勝手を試しながらリースし、不満があれば、い
つでも使用を中止できるような形態に変わったことである。
そこでは自ずとカスタマー・サポートの重要性が増してくる。



開発者サイドは、クラウドを通じて、ユーザーがソフトウェアをどのように使
用しているのか、つねにフィードバックを受けることができる。

ユーザーはバグの報告を簡単にでき、その修正やアップグレード版を、インス
トールし直さずとも、そのままクラウドで使用し続けることができる。

つまり、クラウドを通じ、ユーザーとの距離が近くなり、よりユーザーの立場
に立った開発が可能になっていると同時に、それが最重要課題ともなっている。

(CloudTweaksコラムHow Cloud Has Transformed
the Customer Support Businessより)
http://bit.ly/10y59hf

関連する記事